レポート・論文

展示会レポート
展示会、展示会場そのもの等、思いつくまま、気ままにレポートいたします。

2017年4月「台北 International Gift Show & Stationery Show2017レポート」
2016年9月「ラスベガス VISION EXPO」
2016年9月「東京 自動認識総合展」
2016年6月「ソウル Robot Universe Conference & Expo」
2016年5月「大阪 サービスロボット開発技術展(第1回)2016レポート」
2016年4月「台北 International Gift Show & Stationery Show2016レポート」
2016年3月「ハノーバー Cebit(国際情報通信技術見本市)レポート」
2016年2月「東京 インターナショナル・ギフト・ショー春2016レポート」
2016年1月「香港 Toys & Game Fairレポート」

発表論文
企業は人によって支えられています。
人のやる気を考えることは欠かせないため、やる気の研究にも取り組んでいます。

題名 「セキュアベース概念と日本的経営の比較に関する一考察」
論集 2016年3月城西国際大学大学院経営情報学論集第7号
著者 小島 康
概要 セキュアベース概念と日本的経営は類似する部分もある。年々非正規社員の割合が大きくなり、今や40%に達しています。それは、日本的経営を形づくってきた終身雇用の在り方が変化していることを意味しています。従業員のやる気を引き出し企、業業績を向上させるためには、これからの時代こそ、セキュアベース概念を用いて企業活動を見直すところに意義があります。
題名 「M&A後の被買収企業の従業員の動機づけ管理におけるセキュアベース概念の利用可能性について」
論集 2015年3月城西国際大学大学院経営情報学論集第6号
著者 小島 康
概要 M&A後の被買収企業の従業員は不安な状態にあります。セキュアベース概念(会社が従業員へ安心感を与え、会社と従業員が未来を共有すること)を用いれば、非優良企業であっても、ケイパビリティ型被買収企業の従業員のやる気を引き出し、企業業績を伸ばすことができるというものです。

・論文に関する講演・発表

2016年11月 日本販売促進学会「セキュアベースでやる気を高める。」
2016年 7月 中小企業診断士労務管理研究会「セキュアベースを通して日本的経営を見る。」
2015年11月 中小企業診断士見える化研究会「欧米のエリートはとっくに学んでいた。やる気はセキュアベースから。やる気は見えるものか?」
2015年10月 日本販売促進学会「欧米のエリートはとっくに学んでいた。やる気はセキュアベースから。安心感と明るい未来。」
2015年 6月 中小企業診断士労務管理研究会「欧米のエリートはとっくに学んでいた。やる気はセキュアベースから。」