2016年6月「ソウル Robot Universe Conference & Expo」

韓国で開催された「ソウル Robot Universe Conference & Expo」をレポートいたします。
併催の「Virtual Reality Summit」とあわせ、出展者数(ブース)102社。
主に、韓国のロボット関連企業、バーチャルリアリティ関連企業が出展していました。

KINTEXひいた写真

展示会場のKINTEX(Korea International Exhibition Center)です。

 

 

 

 

 

vertualreality全景

会場右手に広がるバーチャルリアリティ関連の展示。

 

 

 

 

 

 

RoboUniverse全景

会場右手に広がるドローンやサービスロボット関連の展示。

 

 

 

 

 

 

自動運転技術会場中央で、Unmmaned Solutions 社が自動運転技術を紹介していました。
カメラと障害物センサーの2つで制御するとのこと。

 

 

 

 

 

走行状態

1.カメラによる制御
緑色の線(写真前方)を認識し、線に沿って蛇行運転していく。

 

 

 

 

 

コーンを避ける2.障害物センサーによる制御
自動車の左右に置かれた赤いコーンを認識し、赤いコーンにぶつからないように、くぐりぬけながら、走行していく。

 

 

 

 

 

コーンをすり抜けて走行

試乗させていただきました。
自動的にハンドルが周り、コーンをすり抜けているところです。自動運転のスムーズなハンドルさばき!
今後、世界で自動運転技術競争が進み、自動運転技術が洗練されていくことでしょう。
近い将来、自動運転の車が生活に溶け込むと実感したひとときでした。

 

 

 

2016年7月1日 小島 康
掲載写真は全て、2016年6月24日合同会社ココジマにより撮影されたものです。