2016年9月「東京 自動総合認識展」

東京ビッグサイト東4ホールで開催された「自動総合認識総合展」は、108社(団体含む)が出展し、各社からRFID技術(ICタグ等)やバーコードを使ったシステムを提案していました。
展示会の内容ではなく、日本の展示会ではあまり見かけない自動受付機について報告いたします。

%e6%9d%b14%ef%be%8e%ef%bd%b0%ef%be%99%e5%8f%97%e4%bb%98東4ホールの入場受付周りです。

 

 

 

 

 

 

 

%e4%ba%8b%e5%89%8d%e7%99%bb%e9%8c%b2%e6%a9%9f

受付の右端に「自動受付機」が設置されていました。

 

 

 

 

 

 

 

%e4%ba%8b%e5%89%8d%e7%99%bb%e9%8c%b2%e8%80%85%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e5%8f%97%e4%bb%98これは、「事前登録者セルフ受付」という「自動受付機」です。
会場へ来る前にインターネットで来場登録を行った人が利用できる端末です。

 

 

 

 

 

 

 

%e7%99%bb%e9%8c%b2%e6%a9%9f

会場へ来る前に、会社等で印刷した事前登録証(画像参照)を持参します。
「自動受付機」の赤丸で囲んだ部分に、事前登録証をかざすと、下から入場証が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

%e5%85%a5%e5%a0%b4%e8%a8%bc入場証をホルダーに入れて、展示会へ入場します。写真は入場証をホルダーに入れた状態です。

海外の展示会で自動受付機を見ることは多いですが、日本の展示会では自動受付機の使用は少ないです。

展示会日数や展示会規模を考慮すると、人の受付のほうが効率的なこともあります。

また、人の丁寧な受付対応は、来場者に良い印象を与えることもあります。

 

 

 

自動認識展は自動認識技術の展示会ということもあり、自動受付機が設置されていました。

日本でも、混雑する展示会では、スムーズな入場を促すため、自動受付機の利用は増えてくるでしょう。

2016年10月2日 小島 康
掲載写真は全て、2016年9月14日合同会社ココジマにより撮影されたものです。